ホリー絵日記

英国はスコットランドの片田舎で「香ばしいまでに自由なスコットランド人夫」と「こじらせた日本語を巧みに操る年子の娘達」の言動を日々記録した絵日記ブログです

2017/02

◎すくパラぷらす◎【第33話-9】「元旦」今回のテーマは「帰国物語~冬休み編~」です。あれだけ楽しみにしていた「ガキ使」だったにも関わらずうっかり途中で撃沈した私・・・・娘達はガッツリ最後まで楽しんだらしい(真顔良かったら覗いてみて下さい。 ...





◎すくパラぷらす◎



【第33話-9】
「元旦」

今回のテーマは
「帰国物語~冬休み編~」です。

あれだけ楽しみにしていた
「ガキ使」だったにも関わらず
うっかり途中で撃沈した私・・・・

娘達はガッツリ最後まで
楽しんだらしい(真顔

良かったら覗いてみて下さい。







【鳥VSバアバ】ジェネレーション・ギャップ(真顔只今絶賛映画の予習も兼ねて「東京喰種」を読み漁っている鳥。 ...





【鳥VSバアバ】



ジェネレーション・
ギャップ(真顔




只今絶賛
映画の予習も兼ねて
「東京喰種」を
読み漁っている鳥。







◎すくパラぷらす◎【第33話-8】「大晦日」今回のテーマは「帰国物語~冬休み編~」です。大晦日に再会した甥っ子達と娘達。良かったら覗いてみて下さい。◎隠し撮り◎雅くん。鳥くん。自慢の甥っ子達(鼻息 ...





◎すくパラぷらす◎



【第33話-8】
「大晦日」

今回のテーマは
「帰国物語~冬休み編~」です。

大晦日に再会した
甥っ子達と娘達。

良かったら覗いてみて下さい。



◎隠し撮り◎



雅くん。




鳥くん。



自慢の甥っ子達(鼻息







◎12月30日◎女4人(姉・私・娘達)で難波のイルミネ観光。アラフォーあるあるなのかこの青いライトに私と姉は目眩を覚えた。メインの写真を娘達からゲット!その後高島屋の蕎麦屋へと夕飯を食べに行った。一切泡を立てる事なく姉に注がれた一見麦茶に見えなくもないビール ...





◎12月30日◎

女4人(姉・私・娘達)で
難波のイルミネ観光。



アラフォーあるあるなのか
この青いライトに
私と姉は目眩を覚えた。



メインの写真を
娘達からゲット!



その後
高島屋の蕎麦屋へと
夕飯を食べに行った。

一切泡を立てる事なく
姉に注がれた一見麦茶に
見えなくもないビールを飲み飲み
蕎麦をすすっていた
私の目に留まったのは

姉の
神妙な面持ち――





その後
駅前で「551の豚まん」と
「プリン」を購入した姉の食欲に
我々3人は喝采を送った。



【おまけ】



ジイジとモモカの
顔スワップ。




うっかり30日に
蕎麦を喰ってしまった我々は
勿論、大晦日も
年越し蕎麦を喰った(真顔







◎すくパラぷらす◎【第33話-7】「ジイジとマロ」今回のテーマは「帰国物語~冬休み編~」です。ジイジが気になる実家の猫マロとマロが気になる娘達。良かったら覗いてみて下さい。マロの特等席。 ...





◎すくパラぷらす◎



【第33話-7】
「ジイジとマロ」

今回のテーマは
「帰国物語~冬休み編~」です。

ジイジが気になる実家の猫マロと
マロが気になる娘達。

良かったら覗いてみて下さい。






マロの特等席。







近所の商業施設にて――【エレベーター】打ち上げ成功(真顔 ...





近所の商業施設にて――


【エレベーター】



打ち上げ成功(真顔








◎すくパラぷらす◎【第33話-6】「両親のメール」今回のテーマは「帰国物語~冬休み編~」です。ジイジとバアバのやり取りをチハナが淡々と暴露するさまをお楽しみください。◎猫の日◎時折見せるブサイクな顔。 ...





◎すくパラぷらす◎



【第33話-6】
「両親のメール」

今回のテーマは
「帰国物語~冬休み編~」です。

ジイジとバアバのやり取りを
チハナが淡々と暴露するさまを
お楽しみください。



◎猫の日◎



時折見せる
ブサイクな顔。





【病院の駐車場】ジイジの入院する病院の駐車場は出口が直角に設置されている。ゆえに私は駐車券を入れるマシーンにうまく車を寄せる事が出来ず毎回モモカを下車させ駐車券を投入して貰わねばならなかった。そんなある日――なぜ?その後あえての下半身ではなく上半身を乗り ...





【病院の駐車場】

ジイジの入院する病院の駐車場は
出口が直角に設置されている。

ゆえに私は
駐車券を入れるマシーンに
うまく車を寄せる事が出来ず
毎回モモカを下車させ
駐車券を投入して貰わねば
ならなかった。

そんなある日――











なぜ?



その後
あえての下半身ではなく
上半身を乗り出していたので
我々一同は安堵した。



【気になったモノ】

病院のロビーに
ひっそり放置されていた



巨大おしぼり。



売店に飾られていた



アンニュイな
のび太。





◎おまけ◎

モモカが隠し撮りした



バアバとチハナの
顔スワップ。







◎すくパラぷらす◎【第33話-5】「カフェ」今回のテーマは「帰国物語~冬休み編~」です。カフェでのオーダーで自信喪失したモモカをお楽しみください。◎チハナ14歳◎チハナお誕生日おめでとう!グラニーがケーキを持って来てくれたのだがデジャブの如くモモカの時と同じ ...





◎すくパラぷらす◎



【第33話-5】
「カフェ」

今回のテーマは
「帰国物語~冬休み編~」です。

カフェでのオーダーで
自信喪失したモモカを
お楽しみください。



◎チハナ14歳◎

チハナ
お誕生日おめでとう!

グラニーがケーキを
持って来てくれたのだが



デジャブの如く
モモカの時と
同じケーキ。




二次元を生きるチハナが
旦那に買って貰った
プレゼントは――



アニメ用
ペンセット!



チハナ画伯の試し書きは
こちら↓



「チハちゃん」らしい(真顔



私からのプレゼント候補は

【黒執事全巻】
もしくは
【東京喰種全巻】

チハナのオタ友たちが
すでに英語バージョンを
全巻持っているらしいが

「やっぱり
日本の漫画は
日本語で
読まなきゃね☆」


と言う
チハナなりの譲れない
コダワリがあるらしい。








◎12月25日◎美容院帰りの娘達。渾身の一枚。◎12月28日◎着付けを終えパーティー会場に向かう車中でガッツリ化粧直しをしていた娘達の渾身の一枚。◎おまけ◎嫌々ジイジと無理やり犬。↑ジイジで遊び過ぎ。 ...





◎12月25日◎

美容院帰りの娘達。
渾身の一枚。










◎12月28日◎

着付けを終え
パーティー会場に向かう車中で

ガッツリ化粧直しを
していた娘達の
渾身の一枚。











◎おまけ◎



嫌々ジイジと無理やり犬。




↑ジイジで遊び過ぎ。








◎すくパラぷらす◎【第33話-4】「日本でのクリスマス」今回のテーマは「帰国物語~冬休み編~」です。クリスマス・イヴに大阪の地へ辿り着いた我々。娘達が初めて体験する日本のクリスマスをお楽しみ下さい。 ...





◎すくパラぷらす◎



【第33話-4】
「日本でのクリスマス」

今回のテーマは
「帰国物語~冬休み編~」です。

クリスマス・イヴに
大阪の地へ辿り着いた我々。

娘達が初めて体験する日本の
クリスマスをお楽しみ下さい。







そして間もなく機長から溜息交じりの機内アナウンスがもたらされた。「あー、当機は急病人を降ろす為一度搭乗口へと戻りますー」乗客たちが一斉にどよめいた。「あー、ご安心下さいー。離陸は20分程遅れますがー到着時間は遅れないようトバしてくよ!」すると、機内が「YE ...





そして間もなく
機長から溜息交じりの
機内アナウンスがもたらされた。

「あー、当機は急病人を降ろす為
一度搭乗口へと戻りますー」

乗客たちが一斉にどよめいた。

「あー、ご安心下さいー。
離陸は20分程遅れますがー
到着時間は遅れないよう
トバしてくよ!」

すると、機内が

「YEAH!」
コールで
湧き上がった。


複雑な思いを胸に抱きながら
私はお前達に問う。

機長の

「トバして飛ばす」

に、恐怖を覚えないのかね?


その後、青年はすぐさま
医療チームに保護(?)して
もらったようで安心した。



さて
2度目のトランジット先は



2時間のみの
フランスはパリ――

楽しみにしていた
上空からの景色も
濃霧の為何も見えなかった(真顔



とりあえず
マグネットおばさんである私は



「パリ」ゲット。



娘達が選んでくれた
キラキラの一品。









◎すくパラぷらす◎【第33話-3】「飛行機の中で②」今回のテーマは「帰国物語~冬休み編~」です。気分の悪くなった青年を心配する娘達。しかしまたチハナの不可解な側面を垣間見る事となった――良かったら覗いてみて下さい。 ...





◎すくパラぷらす◎



【第33話-3】
「飛行機の中で②」

今回のテーマは
「帰国物語~冬休み編~」です。

気分の悪くなった青年を
心配する娘達。

しかしまた
チハナの不可解な側面を
垣間見る事となった――

良かったら覗いてみて下さい。






完全にやさぐれていた私だが大いにやさぐれているCAさんを目の前に突如怯えモードへと切り替わった私――この異変に気付いた乗客達が徐々にざわつき始めた。何度となくその青年(推定18才)の隣に座っているおばさまと目が合う。お互い、やんごとなき事情を一部始終見てい ...





完全にやさぐれていた私だが
大いにやさぐれている
CAさんを目の前に
突如怯えモードへと
切り替わった私――

この異変に気付いた乗客達が
徐々にざわつき始めた。

何度となく
その青年(推定18才)の隣に
座っているおばさまと目が合う。

お互い、やんごとなき事情を
一部始終見ているだけに
いささかやるせなくなる。

いや、それよりも何よりも

友人の不調に
小慣れた感満載の
隣の青年から
密やかに目が離せない。


きっと、しばしば起こりうる
現象なのだろうと目を細める。

もはや、友人というよりも
付き人と化した彼の
巧みなスピーチと行動力に
感銘を受けながら

明日の4コマ漫画へと続く――