ホリー絵日記

英国はスコットランドの片田舎で「香ばしいまでに自由なスコットランド人夫」と「こじらせた日本語を巧みに操る年子の娘達」の言動を日々記録した絵日記ブログです

2017/10

私のスマホが使用不能となったのはチハナの手術3日前の事だった。その事実と共に新たなスマホを自腹で購入予定である事をとりあえず旦那に伝えてみた。すると、なぜかこっぴどく説教された(真顔どうやら私が近所のスーパー「テスコ」でスマホを購入しようとしている事が気 ...





私のスマホが
使用不能となったのは
チハナの手術3日前の事だった。

その事実と共に
新たなスマホを自腹で
購入予定である事を
とりあえず旦那に伝えてみた。

すると、なぜか

こっぴどく
説教された(真顔


どうやら私が
近所のスーパー「テスコ」で
スマホを購入しようとしている事が
気に入らなかったらしい。

旦那曰く――

「スマホをテスコで買うのは
馬鹿デス。高いし勿体ナイ」

「隣町の専門ショップで
2年リースすれば安いデス」

いや
そんな情報
今の今まで
知らなかったし(真顔


しかも、隣町への道は
只今絶賛整備中にて封鎖中。


すると、旦那は
「裏道で行けばイイじゃナイ?」
と、サラリと言う。

いや
そんな裏道
15年住んでても
知らなかったし(真顔


しかも
スマホないし(白目

そんなこんなでスマホがないまま
チハナの手術が決行された。

すると
毎日、毎晩――

グラニーから
ストーカーの如く
モモカのスマホが
鳴り続けた(白目


「壊れてて良かった」と
心底思った電車の中・・・




◎おまけ◎

ハロウィン・デコに↓



なじむチェリー。


スーパーに売られていた↓



パンダ仮面(仮)







手術当日――さすがの旦那もこの日ばかりはランニングに出掛けなかったのでなかなか出来た子だと一同感心してみる。お陰で我々は彼の運転で病院まで連れて行って貰えた。午前10時半――病院入り。初めはソファでまったりしていたのだがお昼を過ぎた頃我々はベッドがここぞと ...





手術当日――

さすがの旦那もこの日ばかりは
ランニングに出掛けなかったので
なかなか出来た子だと
一同感心してみる。

お陰で我々は彼の運転で
病院まで連れて行って貰えた。


午前10時半――

病院入り。

初めはソファで
まったりしていたのだが
お昼を過ぎた頃
我々は
ベッドがここぞとばかりに並ぶ
巨大な手術待合室へと通された。

ドラマでは
だいたい
個室なんだがな(真顔


などと
勝手な想像が脳裏をよぎる。

チハナは看護師さんに手渡された
独特なワンピースに着替え
安定剤を飲み
ストレッチャー兼ベッドに
横たわった。

そして我々に
規定外の出来事が勃発した――


まさか
その精神安定剤で
爆睡されるとは(真顔




本来患者の手を握りながら
手術室の手前まで両親が見送り
麻酔をかける所まで一緒に
いられるらしいこの病院。

しかし、我が家の場合

ご本人
爆睡中(白目


ストレッチャーベッドで
カラガラ移動するも
全く目を覚ます気配もなく
さすがの看護師さんも失笑し始めた。

うっかり、手術室に到着。

麻酔医が微笑む。

「アハ!よく寝てるね。
でも大丈夫!!
この針が刺されば
さすがに起きるよ☆」

そして、チハナの手の甲に
ぶっとい針が差し込まれる――


先生!(挙手
起きませんっ



まさかの事態に
動揺する我々一同。

私は娘に
「頑張ってね」も
伝える事が
出来ぬのか(真顔


困惑した麻酔医と看護師に
「挨拶できないみたいだから
とりあえずキスでもしとこうか」
と、促される。

だがしかし

「いや、結構です」

と、うっかりサクッと
拒否してしまった(反省

麻酔医と看護師さん的には
想定外だらけの
手術5分前と相成った――



午後6時――

執刀医のドクターから

「手術成功したよ!
チハナが目覚めたから
1時間後に
彼女を病室に連れて行くよ」

という電話が
モモカに入る(真顔


両親が揃って
鎮座していると言うのに
13歳児が主治医の電話に
対応するという異常事態に
ただただ恥ずかしさだけが
込み上げた(白目


午後7時――

チハナとの感動の再会は

モルヒネ漬け
だった(真顔


超ご機嫌のチハナが
「あはは☆全然痛くな~い☆」と
ヘラヘラしているのが

逆に怖かった(真顔



チハナの病室の
ハロウィン・デコ↓







いや、骸骨て(真顔



午後8時――

病院をあとにするも
旦那が駐車場代をケチって
2km先に路駐していた。

お陰で我々は
なぜか近道だという
墓地の間を
ひたすら歩かされた
(真顔







不在であるチハナのベッドを
独占中の花さん。







手術の3日前――まさかのスマホが壊れた。いや実際には壊れたと言うよりヤツが一切の充電をかたくなに拒否するのだ(真顔良きワークメイトだった私のスマホ。まさかこんな非常時に仕事を拒否するのかね?私はすぐさま近所のスーパー「テスコ」でスマホの購入を試みる。が― ...





手術の3日前――

まさかの
スマホが壊れた。


いや
実際には壊れたと言うより
ヤツが一切の充電を
かたくなに拒否するのだ(真顔

良きワークメイトだった
私のスマホ。

まさかこんな非常時に
仕事を拒否するのかね?

私はすぐさま
近所のスーパー「テスコ」で
スマホの購入を試みる。

が――
旦那に阻止される(謎


自腹で購入すると
言っているにも関わらず
何故かありとあらゆる
理由を並べたて
いちゃもんを付けて来たのだ。

お陰で私はチハナの手術後まで
誰にも連絡を取れない
状態に陥った。

頼みの綱は
モモカ(のスマホ)
である(真顔


そんなこんなで
手術前日の10月16日――

チハナの術前チェックの為
私はモモカを道連れに
電車で1時間
その後徒歩30分掛かる
エジンバラの病院へ向かった。

午前7時――

灰色の低い空の下
生温い湿気を纏った空気が
ただ静かに辺りを漂っていた。

そう、嵐の前の
静けさである(真顔


この日
ハリケーン「オフィーリア」
(の残骸)がスコットランドを
北上していた。

姑であるグラニーには
「嵐で大変よ!」と脅されたり
「電車は連結部分が分かれたら
グラスゴー方面と
エジンバラ方面に向かうから
同じホームで乗り換えよ!」
などと10年前の電車の
乗り換えを伝えられたりと
無駄に翻弄されながらも
なんとかエジンバラ駅に到着(素

小雨は降っていたモノの
エジンバラにもまだ
嵐は到着していないようだった。

そもそもハリケーンが
北上するモノなら
スコットランド南部に位置する
我が町から嵐に見舞われる(真顔

そんなこんなで
午前10時からの検査には
しっかと間に合った我々3人。

子供病院だからか
あらゆる所に張り巡らされた
ハロウィン・デコが
なかなかガチで怖かった(真顔


特に
等身大の死神には
度肝を抜いたものだ。



午前10時半――

検査が始まってすぐさま
チハナがまさかの

片頭痛アタックに
見舞われた(真顔


死神の呪いか(白目

もはや検査どころか
明日の手術も危ぶまれる。

診察台に横たわったチハナは
されるがままに献血・血圧・
膝下を測定等と
もはやモルモット状態。

レントゲン室に向かう時も
写真撮影に向かう時も

抱えられて歩く
その姿はまるで
重病人である。


余談だが
レントゲン撮影では
横になった状態のチハナの
腕と足を引っ張り
背骨をしっかと伸ばした状態で
撮らねばならなかったらしいが
人手が足りないという事で
母親である私が
駆り出されたりもした(真顔

レントゲン室で
防弾チョッキのようなモノを
身に纏い
娘の脚を引っ張る私。

なかなか
シュールだ(真顔



午後2時――

本来なら
自転車こぎを15分行い
肺・筋肉などの機能をテストする
項目があったのだが

本人
絶賛ダウン中。


優しき理学療法士の先生が
軽いチェックのみで
済ましてくれた(安堵


午後4時――

すべての検査が終了するも

はて
どのようにして
チハナを自宅まで
運ぶか(真顔


自宅まで1時間半。
これはなかなか困難だ。

しかし
そんな彼女も
ようやく薬が効いて来たのか
タクシーで駅まで向かい
電車に乗り込む頃には
すっかり元気になっていた。


そして
午後7時半――

地元の駅で下車した途端
我々は思わず窒息しそうになった。

ハリケーン
「オフィーリア」が
我が町を直撃して
いたのだ(真顔




余談だが
手術前日の旦那は
ランニング→仕事→ランニング
というルティーンを普通にこなし

「ハリケーンが
追い風にナッテ
トテモ速く
走れマシタ☆」


と、自慢していた(真顔








時は少し遡り8月中旬――チハナの手術日が10月17日に決まった。すぐさま身内の全員に知らせたのだが――■バアバの場合ビデオ電話のたび日程を聞かれる事3回(真顔カレンダーに印を付けたまえ(真剣■姉の場合なぜ5日?(謎そんな無関係な日に緊張されても(真顔■旦那の ...





時は少し遡り8月中旬――

チハナの手術日が
10月17日に決まった。

すぐさま身内の全員に
知らせたのだが――

■バアバの場合



ビデオ電話のたび
日程を聞かれる事
3回(真顔



カレンダーに
印を付けたまえ(真剣


■姉の場合



なぜ5日?(謎


そんな無関係な日に
緊張されても(真顔


■旦那の場合







お前は覚えろ(真顔







10月17日――長女チハナ(14)は脊柱側弯症の手術を受けた。手術は無事成功。彼女の背骨はチタン入りではあるが見事に真っすぐとなった。一瞬「タグ付いてるよ」と思えるモノは手術痕。さて遡る事10ヵ月前――隣町の総合病院の予約が全く取れない所からこのお話は始まった。 ...





10月17日――

長女チハナ(14)は
脊柱側弯症の手術を受けた。

手術は無事成功。

彼女の背骨は
チタン入りではあるが
見事に真っすぐとなった。



一瞬「タグ付いてるよ」と
思えるモノは手術痕。


さて
遡る事10ヵ月前――

隣町の総合病院の予約が
全く取れない所から
このお話は始まった。

それから
なんやかんやあって
8月初旬――

ようやくエジンバラにある
子供専門病院で
診察を受ける事が出来た。

MRIの画像を見るや否
主治医の先生に
「速攻手術ね☆」と告げられた。

それからは
自宅での療養が可能かどうかの
書類を作成する為
便座やベッドの高さを測ったり
シャワールームを
使用可能とする為
そして
子供部屋確保の為
我が家はここ2カ月
てんやわんやであった。


手術を間近に控えた
10月某日――

私はチハナにこう声を掛けた。











確かに(真顔




1週間の入院を経て
明日、退院するチハナが
先程こんなメールを送って来た↓



怖い怖い怖い。








そっちへ行ったか。間違いなく可愛い女の子になれる! ...







そっちへ
行ったか。




間違いなく
可愛い女の子になれる!








まったりなのードジョウさんと一緒なのー ...







まったりなのー




















ドジョウさんと一緒なのー







モモカ(13)が近所のスーパーで一目惚れしたソックスをご紹介。パイナップルココナッツレモンと、なかなか英国とは縁遠いトロピカルなフルーツ各種。なかでも一番気に入ったのはアボカドらしい(真顔 ...





モモカ(13)が
近所のスーパーで
一目惚れしたソックスをご紹介。



パイナップル
ココナッツ
レモン


と、なかなか
英国とは縁遠い
トロピカルなフルーツ各種。

なかでも一番気に入ったのは



アボカド
らしい(真顔











娘達を呼び付ける時罵倒するのがマイブームの私。気に入られた(真顔思えば私も昔旦那に「stupid cow!」と言われた事があるが全くピンと来なかった(真顔【stupid cow(バカな牛)】内容的には色々悪口が盛り込められているらしい。 ...





娘達を呼び付ける時
罵倒するのがマイブームの私。



























気に入られた(真顔




思えば私も昔
旦那に「stupid cow!」と
言われた事があるが
全くピンと来なかった(真顔

【stupid cow(バカな牛)】

内容的には色々悪口が
盛り込められているらしい。







豚肉を焼いていると――聞き覚えがあったとて・・・もしや「豚の声」ではなかろうな? ...





豚肉を焼いていると――















聞き覚えが
あったとて・・・




もしや
「豚の声」ではなかろうな?







スイミングのレッスン後チハナ(14)が私にこう言った。バタ足の延長か。 ...





スイミングのレッスン後
チハナ(14)が
私にこう言った。











バタ足の延長か。









巨大な洗濯洗剤が格安で売られていたので購入してみた。開封後私は目を見張った。誰か使った?20cmの上げ底ならぬ上げ箱に笑いが止まらなかった(真顔余談だがスコットランドは軟水地帯。 ...







巨大な洗濯洗剤が
格安で売られていたので
購入してみた。


開封後
私は目を見張った。



誰か使った?



20cmの上げ底ならぬ上げ箱に
笑いが止まらなかった(真顔




余談だが
スコットランドは軟水地帯。







ランニングの為一旦玄関を出た旦那が忘れモノで家に戻って来る確率約80%(真顔影武者その1は車の鍵を影武者その2はスマホを影武者その3はランニング・ウォッチをと。そんな旦那の影武者に3日連続捕まってしまったのはまさかのチハナであった。そんな3日目の夕方――旦 ...





ランニングの為
一旦玄関を出た旦那が

忘れモノで
家に戻って来る確率
約80%(真顔




影武者その1は車の鍵を
影武者その2はスマホを
影武者その3は
ランニング・ウォッチをと。

そんな旦那の影武者に
3日連続
捕まってしまったのは
まさかのチハナであった。

そんな3日目の夕方――

旦那にランニング・ウォッチを
手渡した後
チハナが小さく呟いた。







「面倒な男」と
(真顔









午前7時50分――「イッテキマース」と言って家を出て行ったハズの旦那が突如玄関前で吠え出したのにはさすがの私も度肝を抜いた。「何してンノ!?早く持ってキテヨ!」私は小さな目をしばたかせる。何のお話?「ランニング・ウォッチ取りに行ったんデショ?」何のお話?パ ...





午前7時50分――

「イッテキマース」と言って
家を出て行ったハズの旦那が
突如玄関前で吠え出したのには
さすがの私も度肝を抜いた。

「何してンノ!?
早く持ってキテヨ!」


私は小さな目をしばたかせる。


何のお話?


「ランニング・ウォッチ
取りに行ったんデショ?」



何のお話?
パート2。



急いでいるのであろう旦那に
なぜかしつこく問い詰められる。

「デハ、ナゼ、キミは
寝室に入って行っタ!?」


逆に寝室に入ってはならぬ
理由でもあるのか。

なんだか良く分からないが
自分は靴を履いたから
寝室に忘れた腕時計を
持って来て欲しいとの事。

私は「はいはい」と
彼をなだめながら
昭和のお母さんの如く
いそいそと腕時計を運んだ。

それを無言で受け取ると
旦那はさっさと車に乗り込んだ。


嵐が去ったと言わんばかりに
私は速やかに玄関の鍵を閉める。

すると、踵を返した
絶妙なタイミングで
チャイムが鳴った。


振り返るとそこに
また旦那(白目



これがドッペルゲンガーでなければ
ウチの旦那には
3人程影武者がいるのだろう(真顔

2人目の影武者は
一体何をご所望なのか
密やかに気になったので
玄関を開けてみる。


「財布がナイ!」


そう叫びながら靴を脱ぎ散らかし
家に入って来た影武者その2。


彼は
靴を脱ぐ派らしい(真顔



しかしその後
なぜか総司令官の如く
探す場所を私に指示しては
床を這いずり回る嫁を
見下ろすだけ。


いや
お前も探せや。



デスク下、ベッド下と
隈なく探すが
ブツはなかなか見付からない。

すると、影武者その2から
脱ぎ捨てられているズボンの
ポケットの捜索を命じられる。

影武者総出で探せや。などと
どうでも良い事に
思いを馳せていたならば
途中から自分が
一体何を探しているのか
分からなくなるという
ハプニングが勃発。

とりあえず
何かを探し続けててみる。

しかしながら
タイムアップとなったその2は

「見つかったらメールシテ!」

と、吐き捨てドロンした。


玄関が閉まるや否
自室に潜んでいた娘達が
ゾロゾロと湧いて出た。


忍法
隠れミノの術か(真顔



というどうでもいい
忍者話はさておき――

不可解な言動で私を困惑させた
影武者その1の見解について 
モモカが私に説明してくれた。







影武者その1は
おっちょこちょい
らしい(真顔