ホリー絵日記

英国はスコットランドの片田舎で「香ばしいまでに自由なスコットランド人夫」と「こじらせた日本語を巧みに操る年子の娘達」の言動を日々記録した絵日記ブログです

2020/01

午前7時――ルーティン通り旦那がランニングから帰宅。午前7時15分――ルティーン通りシャワールームに汗だくウェアを放置したままパソコンに向かう。午前7時20分――旦那が吠えた。知らんがな(能面うっかり私を業者と勘違いしているのかただ単にイライラや動揺をシェア ...





午前7時――

ルーティン通り
旦那がランニングから帰宅。

午前7時15分――

ルティーン通り
シャワールームに
汗だくウェアを放置したまま
パソコンに向かう。

午前7時20分――

旦那が吠えた。






知らんがな(能面



うっかり私を
業者と勘違いしているのか
ただ単にイライラや動揺を
シェアしたいだけなのか
その辺は知る由もないが
とりあえず
苦情は残す事なく
私に報告したいタイプらしい。

申し訳ないが
朝は忙しいので「さぁ?」と
さっぱり塩味対応をしてみた。

すると旦那は
思い出したかのようにこう言った。






モモカはまだ
寝ているぞ(真顔









そんなに気になるなら
自分で確かめに
行けや(白目




午前7時半――

何も知らず起きて来た
濡れ衣モモカ。

ちょっぴりヒヤヒヤしながら
旦那の動向を見ていたならば
モモカには何の質問も浴びせぬまま
普通に「オハヨ~☆」と
挨拶していた(鳥肌






チハナ宛に郵便物が届いた。蝶々飼育キットのパンフレット!彼女が最初にこれを購入したのは7歳の時だった。→その時の記事それから何度か購入し最後に青虫が我が家にやって来たのは彼女が中学1年の時だったと記憶している。このパンフいつまで届くねん(動揺ちなみにチハ ...





チハナ宛に郵便物が届いた。



蝶々飼育キットの
パンフレット!






彼女が最初にこれを購入したのは
7歳の時だった。

その時の記事

それから何度か購入し
最後に青虫が
我が家にやって来たのは
彼女が中学1年の時だったと
記憶している。

このパンフ
いつまで
届くねん(動揺




ちなみに
チハナの御用達は



スタンダードな
青虫セット!





青虫がサナギになって
カップのフタにぶら下がったら
そのフタの内部に
取り付けられた紙を外し
このカゴの上部に取り付ける。
すべて羽化したら
天気の良い日を見計らって
大空に放つ――

そんな
蝶々飼育キット!




この日の夜――






誕プレにしようか?




ガレージにはまだ
このカゴと砂糖水皿がある(真顔






テレビを観ているとバック・トゥ・ザ・フューチャーの何かしらを取り上げた番組が始まった。ドクが映った途端チハナ(16)がボソリとこう言った。ウケる(真顔年々「ドク感」が増す旦那(微笑 ...





テレビを観ていると
バック・トゥ・ザ・フューチャーの
何かしらを取り上げた
番組が始まった。



ドクが映った途端
チハナ(16)が
ボソリとこう言った。









ウケる(真顔




年々「ドク感」が増す旦那(微笑





モモカ(15)の親友の中のひとりにエイデンくんがいる。彼は同性愛者であり女子力高めの美男子である。いつも10人くらいでキャイキャイ騒いでいるギャル達の中でエイデンくんは一際映える。なぜって彼は185㎝のスラリとした長身にセミロングのブロンドヘアを持ち合わせている ...





モモカ(15)の
親友の中のひとりに
エイデンくんがいる。

彼は同性愛者であり
女子力高めの美男子である。

いつも10人くらいで
キャイキャイ騒いでいる
ギャル達の中で
エイデンくんは一際映える。

なぜって彼は
185㎝のスラリとした長身に
セミロングのブロンドヘアを
持ち合わせている。

何気に
このギャル達の中で
一番可愛い(鼻息

私はそんな彼を車に乗せ
自宅へと送り届ける事が
しばしばある。

その理由というのが
「モモカが車で帰ったら
僕ひとりになっちゃう!
ひとりで歩いて帰るのヤダ」
だったりするので
もうたまらない(萌

余談だが
車から降りたエイデンくんは
いつもスキップで自宅へ向かうので
可愛らしさは更に倍増である。


そんなある日
モモカが私に教えてくれた。















幼虫が3匹(真顔




ちなみに
ケイティ兄のジミーくんには
美人の彼女がいる。





毎週楽しみにしているNHKの「ダーウィンが来た!」。この動物番組はいつも娘達と一緒に観ていたモノだが最近ではひとりで観る事が多い。なぜって2人とも付き合ってくれなくなったから(寂この日もひとり「ダーウィン」を楽しんでいたのだが――通りすがりのチハナが「ヒグラ ...





毎週楽しみにしている



NHKの
「ダーウィンが来た!」。


この動物番組は
いつも娘達と一緒に
観ていたモノだが
最近ではひとりで観る事が多い。

なぜって
2人とも付き合って
くれなくなったから(寂


この日も
ひとり「ダーウィン」を
楽しんでいたのだが――



通りすがりのチハナが
「ヒグラシ」に喰いついた。

そのまま彼女は
引き寄せられるままに
「セミの一生」を見始めた。

生物の一生に欠かせない
「恋の季節」のシーンに
突入するや否
私は堪え切れず
16歳女子にこう訊いた。









せめて
「サナギ」であれ
(真顔)





まだまだ
羽化する気はないらしい。



◎幼虫チハナ◎

5年前、義妹ジルの結婚式用に
購入したドレスをチハナに譲った。



なぜって
さすがに
40代にはヤバイと
感じたから(真顔






入ってみたのーちょっと落ち着かないのー透明の箱だからなのーごめん寝なのー寝ぐせなのー眠いのー白黒の花が白黒なのー ...







入ってみたのー




ちょっと
落ち着かないのー




透明の箱だからなのー




ごめん寝なのー




寝ぐせなのー




眠いのー




白黒の花が白黒なのー





年越しそばの残りを一掃。ようやく私の2019年が明けたような気がする(真摯エビの天ぷらはこちら↓冷凍食品(美味 ...










年越しそばの残りを一掃。
ようやく私の2019年が
明けたような気がする(真摯

エビの天ぷらはこちら↓



冷凍食品(美味






私は戸惑っていた。なぜって超ご機嫌な旦那が猛烈に話しかけて来るのだ(怖ダチョウ(ダッダ鳥)だけに「嫁を無視する」事を忘れてしまったのだろうか(不安もしくは影武者とか生霊とかの類やも知れぬ(真顔私は全感覚を研ぎ澄ませ警戒にあたった。何も起こらぬまま夜になっ ...





私は戸惑っていた。

なぜって
超ご機嫌な旦那が
猛烈に話しかけて来るのだ(怖

ダチョウ(ダッダ鳥)だけに
「嫁を無視する」事を
忘れてしまったのだろうか(不安

もしくは
影武者とか生霊とかの
類やも知れぬ(真顔

私は全感覚を研ぎ澄ませ
警戒にあたった。


何も起こらぬまま
夜になったワケだが
突如旦那(仮)は勢力を増し
普段は一切手を付けない
ガレージの掃除を開始した(謎


うっかり
私の爪の垢を煎じて
飲んでしまった
のだろうか(眉根寄



そんなこんなで
小一時間が経過した頃
ご機嫌な旦那(仮)が
私にこう言った。






平気でこんな事
頼めちゃうのは
やはり旦那だ(真顔




【教訓】

夫婦喧嘩は犬も食わないが
ダチョウは喰う(真顔



結局お互いに
謝罪の言葉を口にする事は
なかったので
冷戦時代に施行した
飯ストライキ法と
洗濯物裏返し法は
今でも実施されている。

そして会話は
極力挨拶のみ(微笑







洗濯物を畳みながら私は思った。旦那の洗濯物をちゃんと畳んでる私ってなんかスゴクね?――と(真顔するといつも通り家事をこなす自分にどこかしら敗北感が込み上げて来た。ここは畳まずして放置か。いやだがしかし畳まなければ引き出しに入らない。つまりジャマになる。私 ...





洗濯物を畳みながら
私は思った。






旦那の洗濯物を
ちゃんと畳んでる私って
なんかスゴクね?


――と(真顔

すると
いつも通り家事をこなす自分に
どこかしら
敗北感が込み上げて来た。

ここは
畳まずして放置か。

いやだがしかし
畳まなければ
引き出しに入らない。

つまりジャマになる。

私はしばし考えた。

よし。
裏返しの洗濯物を
ひっくり返すのをやめよう(地味

と、言うワケで
私はこの小さな嫌がらせを
密やかに実行し始めた。

旦那が毎日
惜しみなく排出する洗濯物は
Yシャツ・スーツのズボン・
Tシャツ・バスタオルは勿論の事
もれなく
ランニングウェア上下2セット
上着・手袋・ニット帽も2セット
おパンツ4枚に
ソックス4足も付いてくる。
(1日にシャワーを4回浴びる為)

このランニングウェアと
パンツとソックスを
ひっくり返す作業を
地味にストライキする事にしたのだが
なぜだろう
お蔭で気分も雑務も幾分軽くなった。


それから3日後――

私は見付けてしまった。

裏返しのまま
ペアにしたソックス達が
まとめてごっそりと
ランドリービンに
放り込まれているのを(真顔

きっと我が家のお坊ちゃまは
「ソックスは裏返せば履ける」
と言う事を
知らないのだろう(生温かい目

私は仕方なく
裏返しのままペアになった
団子状のソックスを
まとめてごっそり
洗濯機に放り込んだ――




そして
団子状のまま
干されている(腕まくり





夫婦喧嘩2日目――先に音を上げたのはやはり私だった。何にって皿の破片が前衛的なアートの如く散らばった床に(真顔写メも撮った。グラニー(姑)にもお披露目した。何気に満足していた私はすばやく破片を撤収し張り切って夕飯の支度を始めた。そして数分後――危険物が飛 ...





夫婦喧嘩2日目――

先に音を上げたのは
やはり私だった。

何にって
皿の破片が
前衛的なアートの如く
散らばった床に(真顔


写メも撮った。
グラニー(姑)にもお披露目した。
何気に満足していた私は
すばやく破片を撤収し
張り切って夕飯の支度を始めた。

そして数分後――

危険物が飛び散ってない床って
歩きやすいなと
地味に感動してみた(真顔


午後4時過ぎ――

無視しているのか
無視されているのか
幾分分かりかねる喧嘩の相方が
仕事を終え帰って来た。

相方は無言で
リビングに居た私の背後を素通りし
キッチンへと入って行った。

どうやら
無視されているのは
私の方らしい(微笑


そんなキッチンから

→電子レンジを開ける音
→電子レンジを閉める音
→冷蔵庫を開ける音
→冷蔵庫をしめる音


が、テンポ良く聞こえて来た。

私は神妙な面持ちで
キッチンへと視線を注いだ。

飯があると
思ったか?


ちゃぶ台をひっくり返した次の日に
手料理が並んでいたのは今は昔。

食品ロス削減に取り組む
令和の主婦にとって
「ちゃぶ台返し」なぞ
テロでしかない(真顔

そう――

かつての
パワハラやモラハラを
笑いに昇華させていたパイオニアは
一線を越えてしまったのだ。

と――

先に箸を叩きつけた私が
あーだこーだ言い訳して
仕返しの為

この事件以降
ヤツの飯を
一切作っていないという
そんなお話。




お陰様で
只今絶賛超楽チン(幸

ちなみに
この日以降の旦那は
自分で購入して来たサラダチキンと
野菜の缶詰生活である(頑張れ






夫婦喧嘩の次の日グラニー(姑)がうっかり我が家へ遊びに来た。とりあえず砕け散った皿が散乱したままのキッチンにはんなり誘導してみる。すると、思惑通り――喰い付いた!と、保身の為「箸を叩き付けたくだり」はハショッてお伝えしてみた。己の毒嫁っぷりに感心している ...





夫婦喧嘩の次の日
グラニー(姑)が
うっかり我が家へ遊びに来た。

とりあえず
砕け散った皿が
散乱したままのキッチンに
はんなり誘導してみる。

すると、思惑通り――



喰い付いた!




と、保身の為
「箸を叩き付けたくだり」
ハショッてお伝えしてみた。


己の毒嫁っぷりに感心していると
グラニーから
まさかの提案があった。






させねぇよ?




丁重にお断りすると
いたたまれなくなったのだろう
グラニーは
お茶する事無く帰ってしまった
(気まずい

【教訓】

夫婦喧嘩は犬も食わないが
姑は味見する(真顔







私がお箸をテーブルに叩きつけたがゆえその反動で旦那が皿を投げ飛ばすという暴挙に出たどっちもどっちな夫婦喧嘩から30分後――#モモカ(15)の場合キッチンでの夫婦のやり取りを最後まで見届けたモモカは飛び散った皿をバッチリ写メしたあとほくそ笑みながらこう言った。 ...





私がお箸をテーブルに
叩きつけたがゆえ
その反動で
旦那が皿を投げ飛ばすという
暴挙に出た
どっちもどっちな夫婦喧嘩から
30分後――


#モモカ(15)の場合

キッチンでの夫婦のやり取りを
最後まで見届けたモモカは
飛び散った皿を
バッチリ写メしたあと
ほくそ笑みながらこう言った。






旦那に
聞かせたい(切実





#チハナ(16)の場合

部屋に籠っていたチハナに
一連の出来事を報告してみた。









そっち?




間違いなく
旦那が投げた皿の方だ(真顔

そして
この後チハナに懇々と
「お箸を投げてはダメ!
そもそも最近のママは
ダッダに冷たすぎる!」と
説教された私は44歳(恥





ある日――生理中でそこそこ機嫌も体調も悪かった私。起き上がるのも面倒で仕方なかったがやはりメシは作らねばならぬ。とりあえず思いっきり手抜きのフィッシュフィンガーをオーブンに突っ込んでみた。健康マニアのチハナ(16)は勿論突如ベジタリアンに転身したモモカ(15 ...





ある日――

生理中でそこそこ
機嫌も体調も悪かった私。

起き上がるのも
面倒で仕方なかったが
やはりメシは作らねばならぬ。

とりあえず
思いっきり手抜きの
フィッシュフィンガーを
オーブンに突っ込んでみた。

健康マニアのチハナ(16)は勿論
突如ベジタリアンに転身した
モモカ(15)も
「勝手に作って食べるよ」
との事だったので
出来上がった
フィッシュフィンガーは
自分用に3本取り分け
残りの7本を
旦那のお皿に盛り付けた。

白米・サラダ・5㎝×2㎝程度の
フィッシュフィンガー7本の
スペシャル定食を
旦那が待つテーブルへと
しめやかに運ぶ。


すると――







「・・・ならば
何本ならいいんだ?」






「・・・ならば
何本ならいいんだ?」
(パート2)






「・・・ここは
レストランではないが?
だから何本食べるんだ?」



そこはかとなく
次元の低い会話が
淡々と2~3分続いた。

そんな両親のやり取りを
リビングで聞いていたモモカが
うっかりさんまさんバリの
引き笑いを漏らした。

これに
旦那が気付いたかどうかは
知る由もないが
直後ヤツは――



40年続く
反抗期が炸裂した。



この不可解な言動に
プツリと何かが弾けた私は
気付いた時にはもう
フィッシュフィンガーを
引き取る為に持って来たお箸を
「自分で取れや!」と
テーブルに叩きつけていた。


さすれば
次の瞬間――



旦那が皿を
投げつけて来た(真顔



15年振り
2度目の快挙である。

とりあえず
旦那が片付けるまで
待とうと思ったが
猫達が皿の欠片が混入した
フィッシュフィンガーを
食べる恐れがあったので



小さな欠片と
フィッシュのみを
撤去してみた(真顔





ブログの縦軸が
本日よりしばらくの間
「パズル」から「床」に
なりそうだ(微笑





うまっちゃうのー毛布さいこうなのー心地よいのー片耳うまったのー ...







うまっちゃうのー




毛布さいこうなのー




心地よいのー




片耳うまったのー