どうでも良い事を
ぶっちゃけると

私は
「食」に
興味がない(真顔


放っておくと

朝 コーヒー
昼 クロワッサン
夕 カップラーメン
夜 ビール



永遠に続く(鼻息


そんな私だが
母親になってからは
しっかと3食作っている。

だがしかし
ここ2年程は
夕飯しか作っていないのが
現状である。

なぜって
高校生になった娘達が
各々で朝食を
作り始めたからだ。

モモカ(15)は
カリスマOLの如く
グラノーラにヨーグルト・
オレンジジュースが定番だが
チハナ(16)は
アボカドだのチキンだの
チアシードだのナッツだの
朝からボリューミーな健康食を
摂取するよう心掛けている。

こうなると
母である私には
かなりのプレッシャーである。

なぜって
チハナが満足するような
健康食を作り続ける
自信が持てないから(白目

たまには
チャーハンだって
チキン南蛮だって食べたい。

だがしかし
チャーハンの場合は炒める前に
コメと具材の取り分けを所望され
チキン南蛮の場合は
油で揚げるのではなく
蒸す事を希望される。

もはや
別料理である(真顔


調味料の「酒」も「みりん」も
「砂糖」も「オリーブオイル・
ごま油以外の食用油」を
禁止されると
一体何を作ったら良いのか
分かりかねる(白目

自分用にギッタギタの
天ぷらを作りながら
私は考える――

いつからチハナは
こんなにもかたくなに
健康に執着するようになったのか。

術後だ(真顔

脊柱側弯症の手術のあと
彼女は「健康に生きる事」を
真剣に考えるようになった。

それまでは

夜中まで起きている
ゆえに朝起きれない
ゆえに毎朝遅刻寸前
甘いもの大好き
ゆえに
お菓子を延々と食べ続ける


と言った
自堕落な生活をしていたのが
きっと
手術を執刀した主治医が
チハナの「やる気スイッチ」を
入れちゃったのだろう(真顔

お蔭で彼女は今

午前7時 起床
午前7時半 朝食
午後1時 昼食
午後5時 夕食
午後6時 風呂
午後7時 勉強
午後10時 就寝


このルーティンを崩さない。
(水泳・空手の日を除く)

そんなチハナが
金~日曜日の3日間
学校主催のキャンプに
参加したのだが
家を出る前
彼女は私にこう言った。






バレてた!






「青春の1ページ」

チハナ曰く
「チハナは参加してないけどね」



◎おまけ◎



テントの重しなのー




結構役立ってるのー



余談だが
庭でテントを畳んでいた
私とチハナを
手伝うでもなく
ずっと窓から監視していた旦那が
なかなかウザかった(真顔