ホリー絵日記

英国はスコットランドの片田舎で「香ばしいまでに自由なスコットランド人夫」と「こじらせた日本語を巧みに操る年子の娘達」の言動を日々記録した絵日記ブログです

2008/11

娘達にオレンジ色のドレスを買った。話がすり替わった。 ...

バアバから可愛いレギンスが送られて来た。己自身「レギンス」だと言い聞かせていたものの長年親しんだ「スパッツ」という名称は完全に私の脳を支配していた。思いの他お洒落だぞグラニー。 ...

チハナが水疱瘡にかかった。心配したグラニーが慌ててお見舞いに来てくれた。炭酸!?チハナはかつて一度も炭酸を飲んだ事ない(真顔 ...

開運の為描いた「赤富士」チハナ作「赤富士」モモカ作「赤富士」 ...

クリスマス用のぬいぐるみを買った。チハナは「ペンちゃん」モモカは「ユーキちゃん」と名付けた。織田裕二?↑記念撮影 ...

モモカ(4)が「指編み」に挑戦した。モモカのマフラーに触発されたチハナ(5)は朝から猛特訓。 ...

ウチの旦那がズボンを脱いだら「8」の字。 ...

電子レンジを閉める事が出来ず電気を消す事が出来ない旦那。しかし元々点いている電気は消してしまう。 ...

ウチの坊ちゃんは空腹時と急いでいる時に癇癪を起こす。小学生か。 ...

娘達がダッダに日本語講座を開いていた。世界のナベアツスコットランド制覇。 ...

「イタダキマスハ」 ...

先月旦那がこう言った。先週旦那がこう言った。私の節約なぞほぼ無意味(白目 ...

ミッションはいつも突然訪れる。とある日またとある日寝違えた次の日そして病床の身にも容赦無い(白目 ...

仮死状態であっても気がかりだったのが「ゴミの日」。なんせ我が町のゴミ収集は週一回。割り当てられた巨大なゴミ箱を朝に出しておかねば回収されない。見送っていたワケではない。 ...
×