ホリー絵日記

英国はスコットランドの片田舎で「香ばしいまでに自由なスコットランド人夫」と「こじらせた日本語を巧みに操る年子の娘達」の言動を日々記録した絵日記ブログです

2012/12

チハナ(9)とモモカ(8)が勇ましい仕様で走り回っていた。つまりチハナは恐竜役か(真顔 ...

冬休みに入り私の就寝時間は遅くなった。寝れない。寝れない。寝づらい。 ...

クリスマス・イブにジョン・グランパ(舅)が私のPCへクリスマス・カードを送ってくれた。早速開けてみた。が――開かない上に閉じない。ページも変わらない。見知らぬツールバーが出現。クリックするたびに同じ画面が登場。まさかのウィルスか。欲しくなかったこんなプレゼ ...

メリクリなのーなんか乗ってるのー ...

◎クリスマス・デコ◎今年は赤をベースにしてみた。チハナの小鳥セット。メグミちゃんもリトル・ヘルパー・コス。ピンク・ゾーン。赤ゾーン。余った飾り物を盛り付け。ピアノの上に置く物がなくなってスッカスカ。リアル・クリスマスツリーが青系になった為ますます寒さ増幅 ...

12月22日は旦那の誕生日だった。バースデー・ボーイの1日は大雨の中での2時間半ランニングから始まった。そしてズブ濡れで帰宅した旦那はこうなった。このまま誕生日は終了かと思っていた午後7時。よろよろと旦那が起きて来た。娘達が不憫でならない。 ...

病人2人に聞いてみた。こってりだな。胃もたれ上等。食欲はあるようだ(真顔 ...

5日目にしてスッカリ元気になった旦那とガッツリうつった娘達。夕方――仕事から帰宅した旦那がグロッキーな娘達を発見するや否私にこう訊いて来た。さすがにこの状態では無理だろう。そして間髪入れずこう言った。病人2人を置いて大雨の中徒歩で(車は故障中)郵便局に行 ...

細菌兵器が私に言った。要介護の分際でまだ走るか。(4日目突入)しかしそれを見計らい換気活動開始。数時間後――ランニングから戻って来た「通称ドク」が私に吠えた。細菌もろとも死滅するがいい。 ...

土曜日――グロッキーだった旦那は日曜日――細菌兵器と化した。それでも走りに行こうとする後姿スーパーサイヤ人。家中にウィルスやら細菌やらを撒き散らされるのがただただ不愉快だった私は心配するフリをして声を掛けてみた。と、言った旦那の顔がバック・トゥ・ザ・フュ ...

月1スパンで風邪を引く最近の旦那。そんな彼の民間療法はひたすらリンゴ・チョコ・コーラ。実際に利いているかは謎である。そして体力を温存した(と勘違いしている)旦那は――死にそうな顔でランニングへ向かう。その後、やはりこうなる。 ...

いのっちファンの娘達に私は伝えたい事があった。やはり驚いたか(微笑私的には彼がまだ36歳だと言う事に衝撃を受けた。 ...

姑・グラニーは毎年この季節になると我々を「ヘットランド」へ連れて行ってくれる。そこには――幻想的な世界が広がっている。ちなみにすべての飾り物がしゃべったり歌ったりスケートしたり常にうごめいている。毎年新たなキャラの登場に胸を弾ませ来店するのだが今回は―― ...

うっすらと雪が降った。おかげで娘達は大はしゃぎ。↑こうやって作られたスノーエンジェルはこちら ↓何気に完成度は高い。が、仰向けで作ればもっと楽なのではなかろうか。 ...
×