ホリー絵日記

英国はスコットランドの片田舎で「香ばしいまでに自由なスコットランド人夫」と「こじらせた日本語を巧みに操る年子の娘達」の言動を日々記録した絵日記ブログです

2013/04

月曜の午後1時――突如旦那が帰宅して来た。断固近付くまい。そんな旦那に物申す。4月初旬2週間のサハラマラソンの為モロッコへ。次の週調子が悪いと言いながら土曜日はパブへ日曜日は友達とツーリング。そして先週やっぱり調子悪いと言いながら2泊3日でグラスゴーマラ ...

いや、あんたに。×3それ、お約束? ...

あれだけサハラで散財したと言うのにレザージャケットだと?そのまま地獄まで走って行くがいい。 ...

Facebookを見ていたら面白画像をシェアしている人がいた。その画像は糸電話で遊ぶ「しまじろう」だったのだが――耳、そこ? ...

ハサミを持ったチハナ(10)が怪しげに歩いていた。頑張って下さい。 ...

【ゴールデン・ボーイ】何の不自由も無くすべてにおいて恵まれている少年を嫌味を込めてこう呼ぶ。お前はダイアモンド級だけどな。 ...

旦那の家系はいささかややこしい。【旦那の家系図】姑であるグラニーの再婚相手(ジョン・グランパ)には40代の息子が2人いる。次男アランは独身だが長男コリンには嫁と4人の娘がいる。キミの息子もな。 ...

サハラマラソン後2週間ぶりに出勤した旦那だが本日も絶好調にウザイな。 ...

新聞記者だという女性が電話を掛けてきた。本日も絶好調に面倒臭いな。その後急激に体調を崩した旦那だがローカル紙に掛ける情熱は熱いようだ。そのローカル紙はグラニーにより我が家へと持ち込まれた。その記事がこちら↓ノリノリだな。 ...

月曜の夜――旦那がサハラから帰還した。蕁麻疹と変な咳を携えて。断固近付くまい。 ...

私は英語で話している所をチハナ(10)に聞かれるのがとても苦手である。なぜなら――駄目出しがハンパない。◎空手の昇級試験◎7級昇級おめでとう! ...

無念、旦那。 ...

チハナ(10)が一心不乱にお絵かきをしていた。バーコードヒヨコ?斬新だな。色塗りもしてみた。↓そしてもう一つ何気に気になったのはおやじヒヨコを取り囲んだ4つの左目。 ...

4月7日――サハラマラソンが始まったらしい。娘達は旦那との約束通りメール作成に励んでいた。送信する前に彼女達のメールをチェックしてみた。「今日ケイティーと遊んだよ。一緒に○○に行ったよ。(中略)猫たちは風呂場で寝てたよ。(以下省略)」日記かよ。そんな娘達 ...
×