ホリー絵日記

英国はスコットランドの片田舎で「香ばしいまでに自由なスコットランド人夫」と「こじらせた日本語を巧みに操る年子の娘達」の言動を日々記録した絵日記ブログです

2015/04

チハナ(12)がバアバに電話を掛けた。またゲームかよ。たまには「ジイジ」や「マロ」の話もしたまえ(真顔 ...

■登場人物■◎グラニー 旦那の母親(姑)◎ミック 旦那の異父弟(義弟)◎ローレン ミックの彼女 ◎ジル グラニーの最愛の娘(義妹)土曜日――朝から暢気に掃除機をかけていた私。うっかりグラニーからの着信に気付かず次女モモカ(11)がその対応に当たった。すぐさ ...

チハナ(12)とモモカ(11)がテレビを観ていた。それ多分「生命」保険。日本語ってややこしい。 ...

スコットランドに戻って来た時満開だった桜も時差ボケでボンヤリしている間になんだか貧相になってしまった。かろうじて残っている桜の花を撮ってみる。散歩に行ってくるのー ...

モモカ(11)が教えてくれた。人身売買ですか?ですよね。間違いなく「ハンマー」つながり。 ...

微妙な恩義。 ...

チハナ(12)の iPadに入っている写真を見ていた。本気だったか。そんなモモカ(11)も斜め45度の写真が盛り沢山。 ...

ちょっと気になった宿題プリントの挿絵をご紹介。算数のプリントには清潔感ゼロの魚屋さん。そしてゲームに興じる女の子と亡霊(?)。「ビーチの風」というタイトルのポエムには砂塵を喰らう女の子。英国の子供達はこのケチ臭いクオリティーが気にならないらしい。 ...

チハナ(12)が暗闇で読書をしていた。なぜソーセージ?だからなぜソーセージ?結局ソーセージにはならなかった(真顔チハナの寝癖第4弾。 ...

主婦の朝は戦争だ。モモカに何かが憑依した。とりあえず学校に行く用意をしたまえ。 ...

午後10時――旦那の滞在時間より長い。 ...

チェリーが置物にしか見えない。我が家のお雛様は旧暦まで出しっ放し。今年は4月21日まで。 ...

英国の携帯電話はTOP-UP制である。故に残金が無くなると使用不可能となる。キミ、面白いな。そんな変なオジさんが私の為に発注したというスズキ「スイフト」純正マット。もしや誕生日プレゼントか(真顔 ...

世界で最も有名なパワー・スポットの直線は言わずと知れた「セント・マイケルズ・レイライン」である。St. Michael's Ley Line高校の友人A子ちゃんといつか行きたいねと語り合ったこのレイライン。丁度、英国あれこれを執筆中のもんちゃんが近くにいたので私は彼女に打診し ...
×