ホリー絵日記

英国はスコットランドの片田舎で「香ばしいまでに自由なスコットランド人夫」と「こじらせた日本語を巧みに操る年子の娘達」の言動を日々記録した絵日記ブログです

2015/12

チハナ(12)が素朴な疑問を投げかけて来た。さすが自称「無敵の男」! ...

12月27日――コリン(グランパの長男)一家が親戚一同を招いてパーリーを開催した。約束の時間は3時だがパーリーには遅れて参加するというのがスコットランドのマナー(?)。我々は、3時20分と言うなんとも良い感じの時間帯にコリン宅へ到着した。だがしかし到着してから1 ...

クリスマス・ホリデー前私の家の鍵が突如消えた。旦那がうっかり職場に持って行ったのだろうか。いやさすがにそれは濡れ衣だろう。私はそう思い直し再度思考を整理した。そう言えば以前猫達が私の家の鍵で遊びまくってたな。なんせ私の鍵には猫まっしぐらの鈴が付いている。 ...

姑であるグラニーが夢を語ってくれた。どうやら身内でカフェをしたいらしい。そんなグラニーが我々にあてがった「人事」をお伝えしよう。【チハナ・モモカ】ケーキ作り職人【グラニー自身】経理【ホリー】洗い物係そして―なんだろう。釈然としない。まさかこの面子の並びで ...

風速50km/hの暴風雨を記録した日であり義妹ジルの結婚式の日でもあった12月5日の早朝――旦那はやはりランニングに出掛けて行った。追い風のお陰でとてつもなく早く走れたとの報告を受けた。クリスマスの朝もジムが閉館である事をボヤきながらランニングに出掛けた旦那 ...

今年もグラニー邸でクリスマス・パーリー。グラニーから洋服のプレゼント。スコットランド感満載である。娘達の元にもサンタさんは来てくれたようでチハナ「パソコン」モモカ「平均台」をしっかとゲットしていた。私からのプレゼント。なぜか肘と肘がくっつく娘達。旦那はグ ...

この間、モモカ(11)が思春期ならではの相談事をチハナ(12)にしていた。それに対するチハナの回答は――だった。 ...

娘達(11歳・12歳)と共にまったり過ごしていた土曜日の昼下がり――旦那が私に不可解な提案を持ち掛けてきた。その台詞10年前に聞きたかった(切実そんな旦那は本日誕生日。娘達の成長と共にそろそろ旦那にも成長して頂きたいモノだ。 ...

チハナが花さん専用のお家を作った。大満足の花さん。そんな花さんはうすしお味らしい(真顔 ...

ふと、ソファを見ると何かいた。数分後――増えていた。 ...

旦那がランチに「ゆで玉子4つ」を要求して来たので娘達の分も合わせて「6つの卵」を茹でた。すると旦那に6つとも喰われた。名言風に言われても。ちなみにサイド・メニューとして「モッツァレラチーズのフライ」を作った時(既製品なので温めただけだが)旦那と娘達が待つ ...

土曜日の昼――娘達はグラニーに連れられて隣町のフェアへと出掛けた。そんな3人を見送った後私は1人気ままに道場へと向かった。2時間の空手レッスンから帰宅すると家中が焦げ臭かった。どうやら我が家の坊ちゃんが何かしら仕出かしたらしい。焦げたフライパンを見下ろし ...

「日本の昔話」を選んだ生徒はチハナの他にあと3人いた。何気に全員男の子で密やかにウケた私がいる。その中の1人が真剣な眼差しでチハナに詰め寄って来たらしい。「日本の文化に興味があるんだ」「日本のアニメが大好きなんだ」エリックJr.降臨か。チハナは終始「フーン ...

金曜日の夜――職場の仲間とクリスマス・ディナーに出掛けた旦那の帰りを待つ事無く私は早々とベッドに潜った。なぜって次の日の土曜日は昼から2時間の空手コースが待ち受けていたからだ。四十路に突入して以来昼寝をしないと身が持たない私。がっつり8時間寝てやろうとア ...
×