ホリー絵日記

英国はスコットランドの片田舎で「香ばしいまでに自由なスコットランド人夫」と「こじらせた日本語を巧みに操る年子の娘達」の言動を日々記録した絵日記ブログです

2016/01

自称『タフ・ガイ』の旦那は驚くべき程に『シャイ』である。故に電話は勿論玄関のチャイムが鳴っても絶対に応対しない。大体旦那は玄関のすぐ隣にあるパソコン・ルームに居座っているので訪問者を2秒と待たさず応対に当たることが出来るのがそこはシャイな男なので「誰か来 ...

日本のドキュメンタリー番組を観ていたモモカ(11)からと言う不可解な質問をされた。とりあえずそっと訂正を入れつつその質問に応えてみた。だがしかし――彼女の日本語が改善される事はなかった。ちなみに明治時代であろうと同じ質問をして来る(真顔 ...

保険会社は一体いつ来るのか――結局その日は吠えられただけで何も伝えては貰えなかった。次の日の夜帰宅した旦那が私に聞いた。「車は洗ってくれたよネ?勿論、掃除機モ☆」なんか仕事が増えてる。と、突っ込みたい気持ちを懸命に抑えつつ素直な意見を述べてみた。いや、昨 ...

突然だが、私の目標は【毎年4月に帰国】する事である。やはり庭に桜の木があると言っても所詮1本。日本の桜並木にはかなわない。私はこの風物詩に酔いしれながら「帰国」を満喫したいのだ。何気にここ数年はバアバのお力添えと言う名の「カンパ」により密やかに目標を達成 ...

エンジンをぶっ壊した旦那が私にこう言った。「保険会社が車を見に来るカラ綺麗に洗っといてネ☆」何度も言うが壊したのはお前だ。無表情で「洗車」を承諾してみるが私はふとある事を思い出す。旦那がホースをドコかしらへ持って行って以来蛇口とホースをつなぐ部品がないの ...

休憩中の花さん。そんな花さんを見詰めるチェリー。チェリー目線。花さんが起きるまで隅っこで待機中。 ...

修理をしていたはずがうっかりエンジンをぶっ壊した旦那。これをもって旦那の車は完全に死亡した。■直していたはずが再起不能に■買い揃えた部品がすべて無駄に旦那のプライドがズッタズタに引き裂かれた瞬間だった。「ワタシの車は壊れマシタ。今日からキミの車はワタシが ...

銃乱射事件のドキュメントを観ていたモモカ(11)が言った。庶民!?いや、「庶民」で間違いはないのだろうがせめて小学生の口からはもう少しゆるい表現が欲しかった(真顔 ...

私の車が旦那に拉致られてから毎朝グラニーが車で迎えにやって来る。「寒いのに学校まで歩かせるのは可愛そう」「シモヤケが出来たら可愛そう」「学校帰りは暗いから危ない」と言う理由らしい。この過保護システムを遂行する姑に「甘えるべきか」「潔く断わるべきか」今現在 ...

家中足跡だらけ(真顔 ...

チハナ(12)が何かを落した。!!!フキダシ・・・?とうとう2次元で生きる覚悟を決めたか。◎最近の私◎旦那の車がぶっ壊れて早1週間。早朝はジムから晩はランニングまでガッツリ私の車を使用中。冷たい雨の中毎日郵便局まで歩かされる私の身にもなってくれ。今日こそは ...

この間チハナ(12)とモモカ(11)のと言う会話を聞いてしまった。複雑な心境・・・ ...

グリコ・ロッテに引き続きカルビーのお菓子を発見した。ゆしょい?(真顔激しく意味が気になる。写真撮影しているととにかく参加したくなるチェリー。 ...

我が家の「緑帯」を 完全制覇。ちなみに我が家の「オレンジ帯(9級)」「赤帯(8級)」「黄帯(7級)」もケイティ宅のどこかにある。 ...
×