ホリー絵日記

英国はスコットランドの片田舎で「香ばしいまでに自由なスコットランド人夫」と「こじらせた日本語を巧みに操る年子の娘達」の言動を日々記録した絵日記ブログです

2017/05

ある日モモカ(13)が言った。恐ろしい子!するとチハナ(14)は――もっと恐ろしい子! ...

金曜日の朝――なぜか旦那が家にいた。せっせと荷造りし始めたかと思うと瞬く間に玄関前はテントや寝袋で山積みとなった。金曜日の夜――なぜか旦那がまだ家にいた(真顔不思議に思いながらもその事実を放置していたが間もなく――ご陽気な旦那が漫画みたいに「┐(´д`)┌ヤ ...

本日は私の誕生日。この数日前娘達が私に伝えてくれた。靴とはまたピンポイントだな?どよめく私にモモカが言った。長靴も持ってるよ。そしてチハナが続けた。でしょうね。それにしても私がブーツとスリッポンしか持っていない事に気付かれていたとはな(恥◎誕生日ケーキ◎ ...

【生首チェリー】モモカ撮影。幸せそうだ。 ...

チハナ(14)の背骨が湾曲している事に気付いたのは年末の事だった。丁度日本に帰国中だったので整骨院へ連れて行ってみた。先生の見立ては「中度の脊柱側弯症」との事だった。とりあえず英国でレントゲンを撮りしっかり治療に当たってとの事。新年を迎えこちらに戻って来て ...

丁度1年前――旦那の車のヘッド・レストがやばい程に高いと娘達と爆笑した。あれから1年――娘達があらぬ疑いをかけられていた。長い間自分の車に乗っていなかったからであろうか。1年前からこの高さであった事をすっかりさっぱり忘れているとはな(薄目 ...

廃墟と化した旧アカデミーの校舎に小学生のアート作品で窓を封じると言う暴挙。爽やかさが逆にコワイ。 ...

最近アディダスにハマっているモモカ(13)が気になった一品は――なかなかのパンチ力。そんなTOPに冷静なご意見。海外の人が着るとなかなか似合うと思う(真顔 ...

スーパーでネッスルの商品を購入したら「水ボトル無料券」を貰った。しかし――未だこの商品を見付けられない(真顔使用期限までに売り出される事を切に願う(祈 ...

ここ1ヵ月私物の管理が何気に完璧だった我が家のお坊ちゃま。そして普段は時間ギリギリに出勤している彼だがこの日は20分も早く玄関を出て行った。天変地異でも起きるのではないか。と、思ったのも束の間再び玄関が開いた。「スマホない!!スマホ探シテ!!」どうやら天変 ...

昔は同じ大きさであったはずのルナちゃんとルミちゃんだが今では――その差歴然(真顔11cm程のルミちゃんに18cmを優に超えたルナちゃん。この水槽では狭いだろうか(心配◎おまけ◎水草に扮したルナちゃんを探せ。 ...

毎年芝生のどこかしらかで咲き誇る「デイジー」。こちらでは可愛い雑草として結構愛されている。黄色いバターカップがちょこちょこ咲き始めた。可愛い花だがクローバー並みに蔦を這わせ群生するのでなかなか厄介な子である。最も厄介な子と言えば――タンポポの綿毛。私は毎 ...

ようやく旦那がお手上げ状態だった故障車を修理工場へ運び入れたのは1ヵ月前の事だった。つまり修理が完成するまですでに1ヵ月を要しているのだ。プロがこれだけ掛かるのだから旦那だったら一体何年掛かっていたのだろうか――それを考えるだけで身の毛がよだつ(真顔遂に ...

ある日チハナ(14)が言った。いやしかし「Mathの先生」はややこしい(真顔中学生になっても尚チハナにとって「Math」は「算数」であるらしい事に気付いた瞬間でもあった。 ...
×