そして間もなく
機長から溜息交じりの
機内アナウンスがもたらされた。

「あー、当機は急病人を降ろす為
一度搭乗口へと戻りますー」

乗客たちが一斉にどよめいた。

「あー、ご安心下さいー。
離陸は20分程遅れますがー
到着時間は遅れないよう
トバしてくよ!」

すると、機内が

「YEAH!」
コールで
湧き上がった。


複雑な思いを胸に抱きながら
私はお前達に問う。

機長の

「トバして飛ばす」

に、恐怖を覚えないのかね?


その後、青年はすぐさま
医療チームに保護(?)して
もらったようで安心した。



さて
2度目のトランジット先は



2時間のみの
フランスはパリ――

楽しみにしていた
上空からの景色も
濃霧の為何も見えなかった(真顔



とりあえず
マグネットおばさんである私は



「パリ」ゲット。



娘達が選んでくれた
キラキラの一品。