おばあちゃんが作ってくれた

「お弁当」の話をしたいと思う。

 


 それはまだ

私が強制マッシュルームカット時代。

 両親が(なんらかの理由で)

家をあけると言うので
 岡山から遥々おばあちゃんが 
 私達姉妹のお世話に
来てくれた。

 


 

 おばあちゃんに

お弁当を作って貰って
 とても嬉しかったのを
 今でもよく覚えている。




 そして

お弁当の時間――






 蓋を開けた途端
 顔面蒼白になった事も
 良く覚えている。




 なぜならば――

 

想定外に

スッカスカ。





 蓋を盾に
 一気喰いしたことも
 良く覚えている(真顔



 ありがとう

おばあちゃん。


 そんな私のおばあちゃん。 



 まだまだ気持ちは

花嫁級。

 

 

これからも元気でね。